綱島で満足度が高く地元のみなさまからの信頼が厚い整体院です。

ぎっくり腰になってしまいお困りのあなたへ
 

あなたはこの様な症状でお困りではないですか?

  • 朝腰を曲げて顔が洗えない
  • くしゃみをすると腰に響く
  • 急に腰が痛くなった
  • 腰が痛くて歩くことが出来ない
  • 荷物を持ち上げた瞬間に腰に痛み
  • 動いていなくてもズキズキ痛む
  • 寝返りができずに眠れない
  • ぎっくり腰を何回も繰り返している

このような症状の時「どこ」に行きますか?

多くの場合まずは整形外科にいかれるのではないでしょうか?

整形外科では問診をした上でまずは腰のレントゲンを撮り骨の構造的な異常を調べます。


もし構造的な異常が見つかれば、そこが痛みの原因と考えますし、もし異常がなければ、シップと痛み止めを出されて2~3日安静にしてくださいと言われるかもしれません。


これが整形外科での一般的な説明になりますが、
最新の研究データからいくつかの問題点が指摘され
ています。

整形外科での「ぎっくり腰」治療の問題点

2012年に日本整形外科学会と日本腰痛学会によって
作成された「腰痛診療ガイドライン」によれば問診によって生命に関わる様な危険サインが無いようであればレントゲン撮影は必要ではないと書かれています。

 

つまり「とりあえずレントゲンを撮ってみましょう」は必要ないという事です。

またぎっくり腰になった時に「痛みが引くまで安静にしてください」と言われた事はありませんか?


昔ながらの説明では、そのように言われていますが、今や「安静にする」と言うことは世界的には、すすめられていません。日本でも「安静」についての研究が2011年に発表されています。

(新しい腰痛対策Q&Aより)

ぎっくり腰で病院を受診した際「腰痛が治るまでできるだけ安静を保つように指導」された68名と「我慢できる範囲内で活動してよいと指導された」32名を選び、翌年のぎっくり腰の再発状況を調べてみると安静を指示された方のほうが翌年にまたぎっくり腰になるリスクが3倍以上高い結果になった。

このようなことから、日本の「腰痛診療ガイドライン」でも「安静」は必ずしも有効ではないと書かれています。

いぎカイロでのぎっくり腰へのアプローチ
 

梨状筋

腰方形筋

大腿二頭筋

 

ぎっくり腰のほとんどの痛みの原因は「筋肉のこわばり」です。

さらに筋肉に損傷があり炎症が起きている場合もあります。

この場合は炎症がおさまるまで痛みが続くことがありますが、たいていは3日~7日程で痛みもおさまる事が多いようです。

では、なぜ筋肉が硬くこわばってしまうのでしょうか?

筋肉を硬くさせる原因があります。それは・・・

あなたはこんな経験はありませんか?

 

疲れがたまってマッサージ院で筋肉をほぐしてもらう。

その時は、とても気持ちが良く一時的に体が軽くなり筋肉が柔らかくなりますが、しかし時間がたつとまたガチガチの筋肉に戻ってしまうことはありませんか?

それは、もしかしたら神経系の働きが上手くいっていないのかもしれません。

人間の身体は神経系によってコントロールされています。

意識しなくても心臓は動いていますし、胃も動いてくれています。寝ていても呼吸は止まりません。

 

そして痛みの原因となっている筋肉をコントロールしているのも神経です。

 

神経系の働きが低下すると筋肉に命令が上手く伝わらず無意識に筋肉が緊張してしまったり、逆に力が入りづらくなったり、自律神経系のバランスが乱れ様々な症状が出やすくなります。

 

こういった神経系の働きがアンバランスな状態で整体やマッサージを受けたとしても、本質的な原因である神経系の働きが改善されていないので時間とともに元の硬い筋肉に戻ってしまうのです。

その様な時は、アクティベータ・メソッドが有効です。

 

アクティベータ・メソッドはレントゲンには映らない本質的
原因である神経系の働きを改善させるカイロプラクティック
テクニックです。

 

アクティベータ・メソッドの目的は、こうした上手く働いて
いない神経系の働きを改善させて神経機能を回復させること
です。


アクティベータ療法とはアメリカのカイロドクターであるDr.Fuhrにより開発されました。

今現在、アメリカで二番目に多く使われているカイロプラクティックテクニックであり、
大学病院や研究施設で研究が続けられ、国際的な研究雑誌には、カイロプラクティック
テクニックのなかでは、一番多く掲載されている新しいテクニックです。

 

このような神経機能異常は電気信号のやりとりなのでレントゲン・MRIなどの画像には映りません。よって整形外科では目に見えることが出来ない神経系の働きを改善させるという治療法はありません。

  • 痛みが取れるまで、安静が一番を言われた
  • 病院に行っても薬とシップだけ
  • 冷やしただけ
  • 痛みが1週間以上続いている
  • マッサージを受けたが余計に痛くなった

 

 

こういった場合根本的な原因である神経機能を改善させる必要があります。

神経系の働きが改善すると・・・

40代 女性 不思議なぐらい・・・

①いぎカイロプラクティックの施術を受ける前に、身体の不調で、どんなことで悩んでいましたか?

腰痛がひどく、立ったり歩いたりする事が辛かった。歩いていると体がかしいだり、腰が曲がったりして杖が必要だった。10分間歩くと3回休まないと歩けなくてもうあるけなくなってしまうのではないかと思う位、痛かった。

 

②いぎカイロプラクティックは何をきっかけに知りましたか?

家族が外出中看板を見て。(その当時、カイロプラクティックを捜していた。)

 

③何が決め手となって、いぎカイロプラクティックの施術を受けられましたか?

知人が病院で治らなかった症状がカイロプラクティックで改善されたと聞いて。

自分も何ヶ所か病院に通ったけれどあまり変化がみられず。改善したいと思った時、通いやすい場所にあったので。

 

④事前説明を受けた感想はいかがでしたか?納得して施術を受けて頂けましたか?

どういう状態なのかわかったので良かった。 納得して受けれた。

 

⑤実際に施術を受けていかがでしたか?

一年余りで不思議な位、痛みがなくなり驚いている。こんなにもよくなるとは思っていなかった。先生も優しく信頼でき安心して施術をお任せできる。

このままこの体調を維持する為に通院したいと思っている。

 

いぎカイロプラクティックでは、開業以来数多くの「ぎっくり腰」の方を施術してきました。もし綱島で「ぎっくり腰」でお困りで整体院マッサージ院をお探しでしたら、いぎカイロへ
お越しください。

 

 

お問合せはこちら

綱島駅西口~徒歩4

お電話でのお問合せはこちら

045-834-7352

受付時間 AM 10:00~13:00 PM 15:00~20:15

定休日 日曜日(午後)・木曜
・祝祭日 (セミナーなどで臨時に休業が有ります)

ご予約は今すぐ!

綱島駅~徒歩4分 
土日やっています。

045-834-7352
施術時間(受付) 
am 10:00~13:00 
pm 15:00~20:15

院長が取材を受けましたここ  をクリック!

営業時間

営業日
 
午前×
午後××
営業時間

AM 10:00~13:00
PM 15:00~20:15

定休日

日曜日(午後)・木曜
・祝祭日 (セミナーなどで臨時に休業が有ります)

お問合せ・お申込み

お気軽にご連絡ください。

045-834-7352

お気軽にご相談ください。

24時間ネット予約