綱島で満足度が高く地元のみなさまからの信頼が厚い整体院です。

脊柱管狭窄症やすべり症について

脊柱管狭窄症やすべり症でお困りのあなたへ

あなたは、この様な症状でお困りではないですか?

  • 腰をそらすと腰が痛くなる
  • 前かがみにすると腰が楽になる
  • 立っていられず、スグに座りたくなる
  • 足にシビレがある
  • 外出するのに不安を感じる
  • 夜中トイレに行くときに痛く歩けない
  • 同じ姿勢から動くときに痛い

病院で脊柱管狭窄症と診断されても大丈夫です。

腰に痛みがあったり、数分歩いただけで太ももから足にかけて、ツッパリ感やシビレ感がある場合、ほとんどの方が整形外科に行かれるのではないでしょうか?

 

いぎカイロに来院される多くの方は、整形外科に行かれてから来られます。

 

最近では、患者さまの方から、私の腰、すべり症なんですと言われる方もおられます。

あなたは時代遅れの説明を受けていませんか?
 

「脊柱管狭窄症」・「すべり症」と診断された方の中には病院の先生からレントゲンやMRIの画像を見て「神経が圧迫を受けているから」「脊柱管が狭くなっているから」「骨がすり減っているから」痛いのだと説明を受け「不安」や「恐怖」を感じておられる方も少なくありません。

 

しかし、最近の痛みの研究や痛みの生理学的にも変形による
神経圧迫により痛みやシビレを引き起こす事はありません

簡単に言えば、脊柱管狭窄症=痛みすべり症=痛み では
ないのです。

すべり症だから腰が痛い!?

(Bigos SJ.et al:Clin Orthop.1992)

1992年、アメリカのBigosらの研究によれば、雇用前に健康診断を受けた労働希望者203名、急性腰痛を発症した労働者207名、6か月以上の慢性腰痛患者200名を対象に2名の医師に
よって、レントゲンの画像診断をしてもらい、骨の異常検出率を比較しています。

 

その結果、3群の異常検出率には差がありません。
つまり痛みがない健康な人にもレントゲン上、すべり症が見つかるのです


骨が変形していても、大丈夫なのです。

では、本当の腰痛の原因は何でしょうか?
 

「脊柱管狭窄症」・「すべり症」と診断されたほとんどの方は、神経が圧迫して腰や下肢に
痛みやシビレが生じるのではなく、「筋肉のこわばり」による痛みなのです。

つまり、腰まわりの筋肉やお尻太ももの筋肉が硬くなっている状態なのです。
 

小殿筋

大腿二頭筋

腰方形筋


こういった筋肉のこりやコワバリによって痛みシビレを起こす症状をMPS(筋筋膜性疼痛症候群)と言います。つまり腰が痛いのも、お尻から足にかけてシビレが生じるのも「脊柱管狭窄症」・「すべり症」により神経が圧迫されて痛くなるのではなく筋肉のこわばりが痛みの原因なのです。
 

では、なぜ整形外科では良くならないにか?

ほとんどの「脊柱管狭窄症」・「すべり症」の原因は、このMPS=筋肉のこりなのですが、先ほど述べました通り、整形外科での痛みの診断はレントゲン写真などで写真の中で痛みの
原因を探します。

筋肉はレントゲンに映りませんので通常の整形外科では筋肉が「脊柱管狭窄症」・「すべり症」の原因とは考えません。

よって病院では筋肉に対する治療を受ける事がないのでなかなか治らないのです。

しかし最近では一部の整形外科や麻酔科医の先生方によって、この
MPS=筋肉の痛みという新しい治療戦略のもと「骨」「関節」
「ズレ」ではなく「筋肉」に対して治療が行われています。

最近ではテレビ・雑誌にMPSが取り上げられています。

筋肉を硬くさせる原因があります。それは・・・


あなたはこんな経験はありませんか?

 

疲れがたまってマッサージ院で筋肉をほぐしてもらう。

その時は、とても気持ちが良く一時的に体が軽くなり筋肉が柔らかくなりますが、しかし時間がたつとまたガチガチの筋肉に戻ってしまうことはありませんか?

それは、もしかしたら神経系の働きが上手くいっていないのかもしれません。

人間の身体は神経系によってコントロールされています。

意識しなくても心臓は動いていますし、胃も動いてくれています。寝ていても呼吸は止まりません。

 

そして痛みの原因となっている筋肉をコントロールしているのも神経です。

 

神経系の働きが低下すると筋肉に命令が上手く伝わらず無意識に筋肉が緊張してしまったり、逆に力が入りづらくなったり、自律神経系のバランスが乱れ様々な症状が出やすくなります。

 

こういった神経系の働きがアンバランスな状態で整体やマッサージを受けたとしても、本質的な原因である神経系の働きが改善されていないので時間とともに元の硬い筋肉に戻ってしまうのです。

その様な時は、アクティベータ・メソッドが有効です。
 

アクティベータ・メソッドはレントゲンには映らない本質的原因である神経系の働きを改善させるカイロプラクティックテクニックです。

 

アクティベータ・メソッドの目的は、こうした上手く働いていない神経系の働きを改善させて神経機能を回復させることです。

アクティベータ療法とはアメリカのカイロドクターであるDr.Fuhrにより開発されました。

 

今現在、アメリカで二番目に多く使われているカイロプラクティックテクニックであり、大学病院や研究施設で研究が続けられ、国際的な研究雑誌には、カイロプラクティックテクニックのなかでは、一番多く掲載されている新しいテクニックです。

このような神経機能異常は電気信号のやりとりなのでレントゲン・MRIなどの画像には映りません。よって整形外科では目に見えることが出来ない神経系の働きを改善させるという治療法はありません。

  • 毎日リハビリに通っているのに一向に良くならない
  • 長い間、薬を飲み続けるのが不安
  • マッサージを受けてもその時だけしか効果がない
  • 手術をするか悩んでいる
  • 腰に対して不安を抱えている


こういった場合根本的な原因である神経機能を改善させる必要があります。

神経系の働きが改善すると・・・

 

ここではお客さまの声をご紹介します。

『「不安」からの解放』

【横浜市・松本さまより頂きました

①いぎカイロプラクティックの施術を受ける前に、身体の不調で、どんなことで悩んでいましたか?

スポーツジムで、新しいトレーニングが楽しくて続けていくつもやっていたら突然筋肉が硬くなってパンパンに張って歩くことが、とてもむずかしくなりました。力も入らずまっすぐに歩けず。バランスも取れなくなってしまいました。

 

②いぎカイロプラクティックは何をきっかけに知りましたか?

インターネットで「しびれ、滑り症、脊柱管狭窄、綱島」で検索して

 

③何が決め手となって、いぎカイロプラクティックの施術を受けられましたか?

HPを見て、いぎ先生なら私の歩行困難な状況をなんとかしてもらえると確信して!!

 

④事前説明を受けた感想はいかがでしたか?納得して施術を受けて頂けましたか?

整形外科で、メチャメチャひどく言われ、「もうまともに歩けないかも・・」と落ち込んでいた私に「大丈夫」と声をかけて下さって、事前だけでなく施術中も私の不安を取り除いて下さいました。

 

「不安」からの解放は、しびれ(痛みの軽減)より大きな成果でした。

 

⑤実際に施術を受けていかがでしたか?

自宅から院までは、いつもの何倍も時間をかけて、ころばないように人とぶつからないようにとソロソロ歩いて行きました。

力が入らないし、バランスが全く取れない。

でも施術終了後は、しっかりと地面に足をつけて「歩ける」という感覚を持って家まで戻りました。

しびれも、耐えられる程度にまで減っていました。

いぎカイロプラクティックでは、開業以来数多くの「脊柱管狭窄症」・「すべり症」の方を施術してきました。もし綱島で「脊柱管狭窄症」・「すべり症」でお困りで整体院マッサージ院をお探しでしたら、いぎカイロへお越しください。

お問合せはこちら

綱島駅西口~徒歩4

お電話でのお問合せはこちら

045-834-7352

受付時間 AM 10:00~13:00 PM 15:00~20:15

定休日 日曜日(午後)・木曜
・祝祭日 (セミナーなどで臨時に休業が有ります)

ご予約は今すぐ!

綱島駅~徒歩4分 
土日やっています。

045-834-7352
施術時間(受付) 
am 10:00~13:00 
pm 15:00~20:15

院長が取材を受けましたここ  をクリック!

営業時間

営業日
 
午前×
午後××
営業時間

AM 10:00~13:00
PM 15:00~20:15

定休日

日曜日(午後)・木曜
・祝祭日 (セミナーなどで臨時に休業が有ります)

お問合せ・お申込み

お気軽にご連絡ください。

045-834-7352

お気軽にご相談ください。

24時間ネット予約